プロペシア

プロペシアに含まれる全成分について解説いたします。

薬事法に基づきプロペシアの添付文書には成分表が載せられています。

 

プロぺシアの成分一覧

プロペシアの添付文書

 

主な成分はフィナステリドです。

またその他の添加物として、

 

結晶セルロース・乳糖水和物・部分アルファ―化デンブン・デンブングリコール酸ナトリウム・ジオクチルソジウムスルホサクシネート・ステアリン酸マグネシウム・ヒブロメロース・ヒドロキシプロピルセルロース・酸化チタン・タルク・三二酸化鉄・黄色三二酸化鉄・カルナウバロウ

 

が配合されています。

ではそれぞれを一つ一つ見てみましょう。

 

プロペシアの主成分フィナステリドとは?

 

フィナステリド成分は開発当初、AGAの薬としてではなく、前立腺の治療薬として使用されていました。

アメリカのメルク社がプロスカーという製品名で販売を開始したのが始まりになります。

前立腺肥大の治療薬として利用されていく中で毛髪の成長が確認されていくようになり、1997年にはアメリカのFDA(日本の厚生労働省に相当する機関)から男性型脱毛症の治療薬として認可を受けました。

フィナステリドはどのような作用機序の基に髪の毛を回復できるのでしょうか?

プロペシアの正規添付文書には、5a還元酵素Ⅱ型を抑制することによりジヒドロテストステロン(DHT)への変換を阻害し発毛作用を示す、と説明されています。

言い換えれば、薄毛を誘発するDHTという男性ホルモンを産みだすきっかけとなる5a還元酵素Ⅱ型を抑制することにより、薄毛の元凶を絶つということです。

というのは、研究段階において、薄毛部位には多くのDHT(男性ホルモンの一種)が存在しているのが観察されてきました。

そうした背景から仮説が立てられ、DHTを阻害することにより薄毛が改善できるか実験を行ったところ、正にその予想通りに髪が回復傾向に向かったのです。

それ以来、AGA(男性型脱毛症)の主な原因はDHTという男性ホルモンに起因しているとされています。

 

DHTが誕生する仕組み

 

DHTにより、髪が本来全うできるヘアサイクルが短縮化され、次第に成長がストップしてしまうのです。

 

AGAのヘアサイクル

 

ですが、フィナステリドを主成分とするお薬を服用しますと、5aリダクターゼ(還元酵素)Ⅱ型を抑え込めますので、結果DHTは存在しなくなり、髪は再び悪影響を受けずに正常なヘアサイクルを営むことができるようになります。

 

 

こうして、薄毛は緩和され改善に向かいます。

 

AGA治療薬で回復したM字ハゲの症例

 

フィナステリドについての説明は以上です。

次に添加物として入っている物質に目を向けましょう。

 

プロペシアに配合される添加物とは?

 

AGAを治療する有効成分はフィナステリドのみですが、その他にも複数の成分が含まれることを冒頭でもご紹介しました。

 

その一つ一つを簡単に解説いたします。

 

結晶セルロース:食物繊維の一種で、錠剤の結合剤として優れた機能を発揮します。人体に危害はありません。

乳糖水和物:でんぷん、乳糖、水などでつくられる物質で成型、増量、希釈を目的に加えられます。有効成分と均一に混合できる特徴があり便利です。

部分アルファ―化デンブン:トウモロコシ等から作られ結合剤,コーティング剤として使用されます。

デンブングリコール酸ナトリウム:アルカリでんぷんにモノクロロ酢酸を掛け合わせたもので、錠剤の分離を防げ安定性を持たせるために使用されます。

ジオクチルソジウムスルホサクシネート:界面活性剤が配合される軟化作用のある成分です。

ステアリン酸マグネシウム:ステアリン酸(CH3(CH2)16COOH)とパルミチン酸(CH3(CH2)14COOH)のマグネシウム塩で、薬の製造時に圧縮をスムーズにする用途があります。

ヒプロメロース:高純度パルプが原料で、結合剤・コーティング剤として使用されます。

ヒドロキシプロピルセルロース:天然パルプを原料としたセルロースのことで、結合剤やコーティング剤として利用されます。

酸化チタン:ルチル鉱石またはイルメナイト鉱石(FeTiO3)を原料とし、錠剤を白色にするために用いられる。

三二酸化鉄:赤鉄鉱を主成分とする着色料です。

黄色三二酸化鉄:酸化鉄のことで着色剤として使われます。

カルナウバロウ:ヤシの葉から摂られる植物性ワックスで、硬さ・光沢性・ツヤ出し等に使われます。

 

添加物のほとんどが結合剤・着色の目的で加えられているのがご理解いただけるでしょう。

 

プロペシアの成分まとめ

 

プロペシアの主な成分がフィナステリドであり、どのような作用で髪が生えるのかを知ることができました。

その他の添加物も人体には危害が少ない原料が使用されていることがわかったと思います。

 

それでも、フィナステリドは副作用が伴う可能性のあるお薬に変わりはありませんので、専門ドクターによる観察の下で処方・治療を行うようにされてください。

そうするなら、正しい服用治療により最短で結果が出ますし、万が一、副作用が出た場合でも安心して対処することができます。

AGA専門クリニックなら通常の病院よりも費用が安く済み、どんな症状に起因する薄毛にも対応可能です。

 

AGAは進行性ですから、治療をしなければ脱毛が100%進んでいきます。

交通アクセスなども考慮して1日でも早い治療を計画してください。

 

プロペシアの正しい飲み方とは?【効果的な方法】

 

プロペシアを正しく取扱い服用することで薄毛の回復を早めたい方は多いことでしょう。

ここからはプロペシアの正しい飲み方や効果的な服用の仕方をお伝え致します。

 

プロペシアの飲み方

 

プロペシアの正しい飲み方は添付文書、つまり取扱い説明書を見れば確認できます。

 

プロペシアの用法

 

「1日に1回服用すべき」であるという点以外には飲み方に関して特に指示はありません。

では、食前・食後ではどちらが良いのでしょうか?

 

結論、食事の前後どちらでも問題ないことが説明されています。

 

以下に、プロペシアに関してよく質問される点を取り上げますので、適宜ご参考下さい。

 

Q:1日に2錠飲んでも大丈夫ですか?

A:服用量を増やしても発毛効果は変わらなかったとする実験結果が出ています。この見地から1日の服用量を増やすことは勧められていません。また、海外で実施された18,882例(平均年齢:63歳)の健康男性を対象としたフィナステリド5mgを7 年間投与する臨床試験において、高悪性度前立腺癌の発現率が高くなるという結果が出ていますので、この角度からもプロペシアの増量は勧められません。

Q:女性は飲んでも大丈夫ですか?

A:いいえ。飲んではなりませんし、手に触れてもなりません。プロペシアに含まれるフィナステリド成分は女性にとって発毛効果がないだけでなく、お腹の胎児に影響を及ぼす恐れがありますので、妊婦の方は特に注意が必要です。

※ 女性が薄毛になる理由は男性よりも複雑だと言われています。詳しい理由と対処法については女性の薄毛の原因と一人では治療が難しい理由の記事が参考になります。

Q:未成年者ですがプロペシアを飲んでも大丈夫ですか?

A:20歳未満での安全性及び有効性は確立されていませんので勧められません。

Q:風邪薬など他の薬と一緒に飲んでも問題ありませんか?

A:これまで他の薬との組み合わせが問題になったという報告は一切ありませんが、主治医に相談することが勧められています。

Q:服用時間は何時がおすすめですか?

A:食前・食後いつでも服用して構いませんが、忘れずに服用するためには毎日同じ時間帯に服用することが勧められます。特に効果が高まる時間帯というのはありません。半年以上継続することが大切なポイントです。

 

プロペシアを効果的に服用する方法

 

プロペシア単体に関して言えば、継続して飲むことが一番大切な飲み方です。

しかし、髪を生やす毛母細胞を活性化させる作用があるミノキシジル発毛剤も同時に使用するなら薄毛の改善度はかなり高まることがわかっています。

外用(塗るタイプ)のミノキシジル発毛剤と内服薬(飲むタイプ)のミノキシジルタブレットがありますが、発毛効果が高いのはタブレットの方です。

 

ミノキシジルタブレット

 

ただし、国内で厚生労働省から発毛剤として認可を受けているのは外用タイプのみで、タブレットは高血圧治療剤としての適用にとどまっていますから、タブレットを使用の際には個人の責任のもとで扱う必要があります。

AGAクリニックでも外用のみを扱うのか、タブレットも扱うのかそれぞれ異なった方針がありますので、ドクターの意見などを参考にしながら決定を下しましょう。

厚生労働省が認めている範囲内で言うなら、ミノキシジル5%配合までの発毛剤+プロペシアを一緒に用いることが一番フォーマルな薄毛治療対策となります。

 

ロゲイン(ミノキシジル5%配合)

 

まとめ

 

プロペシアの正しい飲み方は毎日継続して飲むことです。

そして、発毛成分ミノキシジルと一緒に併用するなら更に発毛効果は高まることを覚えておきましょう。

どのような組み合わせが一番自分に合うのか?という問題に関しては、実は自分一人だけではわかりづらいのが現状です。

 

AGA専門クリニックを利用するなら血液検査・遺伝子検査を通じてAGA治療薬の効果レベルを前もって算出することができ、600以上ある組み合わせから一番自分に向いているメニューを見つけることができますので大変便利です。

カウンセリングや初診は無料で利用できるところが多いですから、この機会に検討してみるのも良いかもしれません。

AGAクリニックではプロペシア・ミノキシジルを始めそうした様々な治療薬を処方してもらうことができます。